生理の時 立ちくらみしないための予防法

生理の時 立ちくらみしないための予防法とは

生理になると、ホルモンバランスの影響によって女性の身体にはさまざまな変化や症状が現れます。また、生理の出血によっても身体に多くの支障をきたします。その一つとして挙げられるのが、立ちくらみの症状です。この立ちくらみの症状は女性ホルモンの影響によって体内の血行が悪くなっていることと、生理による出血で貧血気味になっていることが主な要因です。
そんな生理中の立ちくらみを予防するには、まず貧血を解消することが重要になります。貧血は鉄分不足によって引き起こされるため、日頃から鉄分を多く含んだ食品を摂取することが予防策の一つになります。そんな鉄分を多く含む食品にあげられるのがレバーやほうれん草、大豆、納豆などです。こうした食品を摂取し、日常的に鉄分を補う事によって生理時の貧血を解消することが可能になります。
また、それ以外にも低用量ピルの摂取も立ちくらみの予防として用いられることがあります。低用量ピルは毎日一定の時間に摂取する事によって、体内のホルモンバランスを安定させるだけではなく、生理時の出血自体を軽くすることが可能になります。そのため、生理中に貧血状態になることを避ける効果が得られることから立ちくらみの予防として低用量ピルを摂取する人もいます。

今ならキャンペーンでお得に購入できます。公式HPへ