足ムズムズ症候群の症状・原因・対処方法と人気サプリ|レストレスレッグス

足ムズムズ症候群って?

別名「レストレスレッグス症候群」とも呼ばれる神経疾患です。1960年代にアメリカで報告されました。日本人のうち2〜5%が足ムズムズ症候群の患者だと言われています。そして男性よりも女性の患者の方が1.5倍ほど多いことや、40代以上の中高年に多いことが分かっています。とはいえ、小さい子でもなることがあります。

 

どんな症状が出るの?

まずはその名の通り、足がムズムズするような気持ち悪さや痛みを感じます。そのせいで不眠に陥り、日常生活への影響も出てきます。長時間座っていたり横になっていると足を動かしたくなる、夕方から夜にかけて症状が出る、歩き回るとマシになる、寝ているときに足が周期的にぴくっと動く、足の不快があって最近なかなか眠れないという人は足ムズムズ症候群かもしれません。
特徴としては、足の表面ではなく内側にムズムズを感じることです。ほてる、しびれる、虫が這っているような感じがするという人もいます。
足ムズムズ症候群を放置しておくと、腕やお腹、肩、胸、顔にも症状が現れることもあるので注意が必要です。そして症状のストレスや不眠から、うつ病になってしまう可能性もあります。週3回以上、足の症状と不眠の症状がある際は早めに病院を受診しましょう。

 

足ムズムズ症候群の原因

基本的にドーパミンという脳内の物質が関係しているのではないかと考えられています。
そして原因不明の突発性(一次性)と、何かの病気や薬によって引き起こされる二次性に分けることができます。二次性の原因として考えられる病気には、鉄欠乏貧血、慢性腎不全、パーキンソン病、うっ血性心不全、脊髄の疾患、関節リウマチ、多発神経炎などが挙げられます。薬は向精神薬などが考えられます。
他の要因としては遺伝性、ビタミンB12や葉酸が欠乏しているとき、妊娠中などがあります。

 

診断方法

足ムズムズ症候群の症状に当てはまるかのチェックが基本となりますが、場合によっては血液検査、睡眠ポリグラフ検査、アクチグラフ検査も合わせて行うことがあります。
基本的には睡眠障害を扱っている精神科や神経内科を受診することをオススメします。

 

対処方法

二次性の場合は、その病気の治療を行います。例えば鉄欠乏貧血が原因である場合は食事療法や鉄剤での治療を行います。薬が原因である場合は服用を中止します。
他にもカフェインやアルコール、ニコチンの摂取を控えたり、睡眠の質を高める対策をすること、マッサージやお風呂などが有効です。
それでも症状が出るときは「ドパミンアゴニスト」という足ムズムズ症候群の薬や、けいれんや痛みを緩和する薬、よく眠れるように睡眠導入剤を服用することもあります。副作用もあるので、しっかり医師と相談することが大切です。

 

足ムズムズ症候群を予防するには?

 

鉄分不足を防ぐ

鉄分不足で陥る人が多いと言われています。そのため鉄分や葉酸、ビタミンB12を多く含んだ食べ物を普段から摂取することが大切です。特に女性は月経によって貧血が引き起こされやすくなります。妊娠中や授乳中も貧血になりやすいので、これらの栄養素をしっかり意識して摂るようにしましょう。

 

カフェインやアルコール・ニコチンを控える

コーヒーやお酒、タバコによって引き起こされやすくなります。特にカフェインは寝付きを悪くしてしまいます。カフェインだけでなくアルコールの摂取や喫煙も、特に症状が起こりやすい夕方以降は控えるようにしましょう。

 

適度な運動をする

日頃から適度な運動をして身体を動かしましょう。運動不足は足ムズムズ症候群を引き起こしてしまうかもしれません。そして運動をすることで睡眠の質も上がります。

今ならキャンペーンでお得に購入できます。公式HPへ