貧血原因と対処方法!即効性食品と飲み物!めまい、ふらつき、立ちくらみ

貧血の原因

貧血の原因として考えられるのは、まずは鉄分不足です。鉄分は体内で作ることができない上に、身体に吸収されにくい、便や汗からも排出されるという特徴を持っています。そのため食事でしっかり摂取しないといけないのです。
しかし過度なダイエットや好き嫌いによる偏食、月経や妊娠などによって鉄分不足に陥りやすくなります。
次に考えられるのは何らかの病気によるものです。例えば子宮の病気や過多月経などが起きると出血量が増えて貧血が引き起こされやすくなります。また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった消化器系の病気、痔なども出血が起きるので貧血になる可能性が高まります。
出血以外では、血液を作ることが出来ない病気などでも貧血になります。

 

貧血の対策

まずはしっかり栄養バランスが整った食事を摂ることです。そして貧血になりやすい要因がある人は、意識して鉄分の摂取をしましょう。もちろんその要因を治療していくことも大切です。
それでも貧血になってしまう人や食事での摂取だけでは難しい人は、鉄分のサプリメントもしくは薬に頼るという方法もあります。ただし過剰摂取は副作用の原因となってしまうので、適切な量を見極めることが大切です。

 

貧血に即効性がある食品は?

貧血に良いとされている鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄の方が吸収率がかなり高いことが分かっています。そのためヘム鉄を含んだ動物性の食べ物がオススメです。ただし妊婦さんには動物性食品を過剰摂取すると良くないとされていないので、非ヘム鉄の摂取をおすすめされています。
また、鉄分はビタミンCとの相性が良いので一緒に摂ることで吸収率がアップします。
鉄分の他にも、葉酸は「造血のビタミン」と呼ばれるほどの栄養素なので積極的に摂取しましょう。ビタミンB12も葉酸と協力して悪性貧血を予防します。
それでは具体的にどの食品を食べればいいのか見ていきましょう。

 

お肉、レバー

牛レバー、豚レバー、鶏レバーはヘム鉄が豊富に含まれています。焼き肉屋さんや焼き鳥屋さんで食べるのも良いですし、鶏レバーはよくお惣菜屋さんやスーパーにも調理したものが売られていますよ。レバーが苦手な人は豚もも肉や牛ヒレ肉などで摂取しましょう。

 

カツオ

ヘム鉄とたんぱく質、ビタミンB12が含まれています。カツオのたたきや、鰹節などで取り入れるのがオススメです。

 

マグロ

ヘム鉄やビタミンB12、たんぱく質が含まれています。特にお刺身など、加熱しないままで食べるがオススメです。カツオに比べて取り入れやすい食材ではないでしょうか。

 

牡蠣

非ヘム鉄ですが、ビタミンB12も含んでいます。食あたりやノロウイルスの心配があるので加熱して食べる方が安全です。

 

ほうれん草

非ヘム鉄と葉酸を含んでいます。おひたしや胡麻和え、ベーコンと炒めるなど様々な調理法があるので普段から摂取するように心がけたい食材です。

 

赤貝

ヘム鉄とビタミンB12が含まれています。貝類の中では一番おすすめの食材です。

 

ひじき

鉄分だけでなく食物繊維やカルシウムも含まれています。作り置きしやすい食材なので、多めに炊いてこまめに食べるようにするのも良いですね。

 

貧血に即効性のある飲み物は?

プルーンジュース

プルーンにはミネラルやビタミン、非ヘム鉄が含まれているので貧血に良いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。市販の飲み物でプルーン配合のヨーグルト飲料もありますよね。また、便通を解消したり肌を綺麗にする効果もあると言われています。

 

アサイージュース

健康に良いということでブームになったアサイージュース。海外のセレブ達もよく飲まれているそうです。しかもなんと鉄分はレバーの3倍とも言われているのです。最近はカフェや市販のドリンクでも見かけます。

 

ココア

実はココアには鉄分が含まれているのです。冬に飲むと身体があったまりますよね。そして生理痛の緩和にも良いとされています。くれぐれも糖分の摂り過ぎには注意しましょう。黒豆きな粉や豆乳をプラスするのもオススメです。

 

持ち運びできて、一番簡単・手軽なのは?

やっぱり鉄分不足を補うために手軽なのは、サプリメントです。
いつでもどこでも「パッ!」ととりだせて、飲むだけです。
コンビニなど探す必要もありません。1ヶ月のコストも非常に安くすむので、経済的にも負担が軽くおすすめの方法です。

 

今ならキャンペーンでお得に購入できます。公式HPへ