鉄欠乏性貧血とは?

鉄欠乏性貧血とは?

何となくだるい、少し歩いただけなのに息切れがするという時は鉄欠乏性貧血になっている可能性があります。
鉄欠乏性貧血は貧血の中で大部分を占めており、鉄分が不足することにより赤血球の中にあるヘモグロビンがうまく作られず、量が減ることで起こります。赤血球は酸素を体中に運ぶ働きをしているためヘモグロビンが減ってしまうと酸素を運ぶ量が減り、倦怠感や疲労感、顔が白くなる、胸が痛くなるといった症状が現れます。
鉄欠乏性貧血は年齢を問わず誰でもなります。ですが、月経がある女性の方が日々鉄分不足のためなりやすい傾向にあります。特徴としてはすぐに症状が現れずゆっくりと進行するので気が付きにくいという点があげられます。体がだるかったり、息切れがする場合は貧血の検査を行うと安心です。
鉄欠乏性貧血は症状があまり進んでいない場合は食事から積極的に取るようにします。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、吸収率が良いのは肉類やマグロの赤身に含まれているヘム鉄です。海藻類やたまご、乳製品に含まれているのは非ヘム鉄ですが、吸収率があまりよくなく、ビタミンCと一緒にとると吸収率が良くなります。
症状が進んでしまった場合は錠剤を飲むようにしますが、取りすぎてしまうと胃腸障害が出てしまうので気を付けます。

今ならキャンペーンでお得に購入できます。公式HPへ